認知症 脳を守る10項目で予防

認知症 脳を守る10項目で予防

脳の活性化が出来れば認知症はある程度防げる事が研究の結果かなり分かってきました。それではここで、あなた自身の脳や心の『活き活き度』をチェックしてみてはいかがでしょうか。下に10の項目を挙げるので、『はい』と答えた数をきちんと覚えておいて下さい。

 

  • 1:散歩など気分転換目的で外に出かけた時は清々しい気持ちになりますか?
  • 2:友達に会うと元気が出てきますか?
  • 3:ご飯を美味しく食べられていますか?
  • 4:夜は不眠ではなく良く眠れていますか?
  • 5:買い物に出かけた際にはスムーズに買い物が出来ますか?
  • 6:日頃使用している電化製品を問題なく使えていますか?
  • 7:物を置いた場所やしまった場所をきちんと思い出す事が出来ますか?
  • 8:人の顔や名前を直ぐに思い出す事が可能ですか?
  • 9:今日が何年何月何日が分かりますか?
  • 10:昨日食べた夕飯のメニューを覚えていますか?

 

以上10個のチェック項目の内『はい』の数が8以上あるのであれば脳は活き活きとして問題はありません。これから使えば使う程活発になるのでより一層の活性化を目指しましょう。4〜7個の方は精神的に些か老けこんでいると言えます。常にポジティブな気持ちを持ち、何かしら意欲的に取り組める事を探し脳の活性化を促しましょう。『はい』が3個以下の方は非常に深刻な状態に脳があると言わざるを得ません。野菜や青魚を多く摂る様に食生活を改善し、尚且つ適度な運動を続ける様にする必要があります。

 

それでは、具体的にどの様な事に気を付けて生活を送れば良いのでしょうか?ここで、アメリカのアルツハイマー協会が提唱している脳を守る10カ条を紹介するので参考にして下さい。

 

  • 1:脳を大事にしましょう。
  • 2:心臓病・糖尿病・脳卒中・高血圧にならない様に気を付けましょう。
  • 3:自分の体の数値をしっかりと把握しておきましょう。
  • 4:ビタミンEなど抗酸化物を摂取する様に心掛けましょう。
  • 5:適度な運動を取り入れましょう。
  • 6:無関心にならずに物ごとに興味を持ち、脳を働かせる様に努めましょう。
  • 7:内に引きこもったりせずに、人との接触を大事に、外界から脳への刺激を受ける様にしましょう。
  • 8:認知症発症の原因になり得る頭部の怪我に最新の注意を払いましょう。
  • 9:禁煙しましょう。
  • 10:ネガティブにならずにポジティブ思考でいましょう。

 

上述した項目をしっかりと頭に入れて実践する事によって自身の脳を認知症から守る様に努力していきましょう。

■認知症予防に効果が高いと言われているのが『ココナッツオイル』になります。 ■ココナッツオイルを購入したい方はコチラ♪
■その他の認知症予防に効果があると言われている商品。

アドセンス広告