認知症 生活習慣の対処法

認知症 生活習慣の対処法

認知症にならない様にする為には、理想的な食生活は当然の事として、常日頃の生活習慣を変える事が有効な予防策になります。それでは、日々の生活の中でどの様なポイントに気を付けていけば認知症予防となるのでしょうか。幾つか紹介するので参考にして下さい。

 

1:有酸素運動を日々の生活に取り入れる。
認知症にならない様にする為には、脳の活性化に加えて、脳への血の流れを改善する必要があります。血の流れを良くする為には、最低でも1日30分程度、週5日くらい有酸素運動をする必要があると言われています。簡単なやり方としては、出勤する際に今までは駅まで自転車を使っていたのを、歩いて行く様にするなどがあります。

 

2:人との関わり合いを積極的に持つ。
認知症にならない為に出来る事として、人と会う機会を増やす事が重要です。人と触れ合い会話する事によって、体と脳の活性化を図ります。この活性化が非常に重要です。あまり人と会わない対人頻度が低い方の場合、対人頻度が多い方に比べて認知症発症の危険性が8倍になるとも言われています。

 

3:生涯学習を心掛ける。
常に学習すると言う心掛けが重要です。体験をしっかりと記憶したり、場面や思考の切り替えを行う、判断力や管理能力などの脳機能をしっかりと刺激する為に読み書きにはじまり、楽器の演奏や頭を駆使するゲーム(例えばオセロやパズルなど)を行う。楽器の演奏や頭を使ったゲームは非常に有効的だと言われています。

 

4:禁煙を心掛ける。
オランダの免疫学・生物統計学の研究結果によると、喫煙者・喫煙経験有・喫煙経験なしの3つのグループに分けて認知症になるかどうかの実験を行った所、圧倒的に喫煙者が認知症になる可能性が高い事が判明しています。たばこに含まれているニコチンやタールと言うのは体全体に悪影響を及ぼすとんでもない物質と言えます。当然の事ながら、喫煙は脳に何も良い事はありません。まさに昔から言う様に百害あって一利なしの悪な物と言えますね。

 

上述した様に生活習慣を改善した上で、理想の食生活をとれば認知症の予防は可能です。常日頃から気遣いを忘れずに認知症にならない様に頑張りましょう。

■認知症予防に効果が高いと言われているのが『ココナッツオイル』になります。 ■ココナッツオイルを購入したい方はコチラ♪
■その他の認知症予防に効果があると言われている商品。

アドセンス広告