認知症予防 食事の対処法

認知症予防 食事の対処法

認知症と言うのは発症までの生活習慣が密接に関わっていると言われ重要視されています。理想的な食生活や適度な運動、ストレスのない快適な生活が認知症予防として有効なのは様々な臨床検査から判明しています。ここでは理想的な食事に照準を絞り幾つか紹介していくので参考にして下さい。

 

1:野菜や果物を多く食べる様にする。
野菜や果物に豊富に含まれているビタミンC・Eそしてβカロチンは老化の原因とされている過剰な活性酸素を除去してくれる力を持っています。サプリメントからの摂取に頼るのではなくて、実際に食べ物を食べての摂取が有効的と分かっています。

 

2:肉よりも魚を食べる様にする。
青魚に豊富に含まれている不飽和脂肪酸やDHAと言う成分は血液の流れをより円滑にして、脳への神経伝達をスムーズにします。有益な力を持っている不飽和脂肪酸は、青魚以外にも大豆油・ひまわり油・オリーブ油にも含まれている事が分かっていて、また悪玉コレステロールを減少させる働きもあるので、動脈硬化の予防対策にも力を発揮します。一方肉には飽和脂肪酸が多分に含まれていて、これを摂取しすぎてしまうと、コレステロールや中性脂肪の増加に繋がり、その結果脳梗塞や動脈硬化など所謂生活習慣病の原因となってしまいます。この飽和脂肪酸と言うのは健康に生きる為には注意が必要で、ファーストフードを筆頭に、スーパーのお惣菜やお菓子にも沢山含まれており、外食が多い方やお菓子を沢山食べてしまう方はより一層の注意が必要となります。フィンランドとスウェーデンが20年にも渡る長い研究の結果、不飽和脂肪酸をより多く摂取した方の方が、常日頃から飽和脂肪酸を摂取したきた方よりも、脳自体の働きが良くスムーズで、記憶力もより確かだと言う事が分かっています。

 

3:お酒は赤ワイン。
近年、ポリフェノールと言う赤ワインに豊富に含まれている成分が、アルツハイマー型認知症の方の脳に見受けられる老人斑の発生を抑える力を持っている事が判明しました。以上の様に常日頃から食生活を健全なものにシフトチェンジして行く事が、認知症の確かな予防になっていきます。

■認知症予防に効果が高いと言われているのが『ココナッツオイル』になります。 ■ココナッツオイルを購入したい方はコチラ♪
■その他の認知症予防に効果があると言われている商品。

アドセンス広告