認知症 昼夜逆転の対処法

認知症 昼夜逆転の対処法

一般的に人と言うのは、朝起きて、夜寝ると言うのが当たり前ですが、仕事や何かしらの理由でリズムが崩れ夜起きて朝眠ると言う昼夜逆転の生活を送っている方も多くいます。睡眠と言うのはレム睡眠とノンレム睡眠を交互に90分間交代で繰り返し、大脳皮質を休ませリフレッシュをする事によって脳が問題なく起き、日々の活動が行える様になっています。

 

認知症の患者さんの介護に当たっている方達と言うのは、自分自身の生活リズムと患者さんのリズムが異なってしまうと、介護負担は大きくなりストレスも溜まってしまいます。昼夜逆転が何故起きてしまうのかと言うのは様々な要素がありますが、対処する側の方達はまず原因の究明を急ぎ、生活面での創意工夫を頑張っていく事が重要です。

 

一例を挙げると、仮に夕飯が早すぎるから夜中に空腹感を味わい起きてしまう様なケースでは、就寝につく前に胃に負担をかけない食べ物を食べさせて、空腹感を感じない様にします。また昼間のうとうと状態をなるべく避ける必要があるので、患者さんの話に耳を傾けたり、軽い運動を一緒に楽しんでやるなども非常に効果的です。生活面からのアプローチとしては、朝起きたら必ず歯を磨かせる、パジャマで移動させずきちんと着替えさせるなど、昼夜のメリハリを強調させる事も忘れずに行いたい事です。

 

近頃では、生活サイクルの改善目的で朝起きた際に強い光(電気スタンドなどを使用する)を顔に直射して脳の刺激を図り、昼間の活動をより意欲的に促すと言う方法を実施している認知症の病院も多くあります。この方法を認知症患者に一週間程度繰り返し行った場合に改善されたという事例も少なくない様です。それから、睡眠導入剤に頼る場合には認知症患者さんそれぞれによって効果は異なるので、薬局で購入して薬を使うのではなくて、専門医の処方をしっかりと受けた方が安心できるでしょう。

■認知症予防に効果が高いと言われているのが『ココナッツオイル』になります。 ■ココナッツオイルを購入したい方はコチラ♪
■その他の認知症予防に効果があると言われている商品。

アドセンス広告