認知症 性的問題の対処法

認知症 性的問題の対処法

認知症患者だから、そしてお年寄りだからと言って性的欲求が皆無、または性的行為をしてはいけないと言った事はありません。恥ずかしい事を口にしたり、自分の性器を見せびらかしたり、身内の方に性行為を迫る認知症患者さんも少ない訳ではないです。この様な言動を目の当たりにした場合に、ご家族のショックは計り知れないでしょう。しかしながら、健康な方の場合理性がしっかりとしていて、充分理解する事が可能ですが、認知症患者さんの場合には事実そのものの認識及び判断が出来ないので、分別をつけると言う事が非常に困難になります。

 

何かしら性的欲求を満足させる為の行動があったとした場合でもその存在すら記憶出来ません。その様な忘れてしまうケースに対して、どの様な対処方法を取れば良いのでしょうか。まず第一に病気なんだと言う認識をきちんと持ち、卑猥な言葉を口にしている時はそれとなくかわす事が大事です。他の事に注意をそらす事が重要で、話題を変える様に工夫していきましょう。

 

性器を見せたがり隠さない場合には、まず何故その様な事をするのか原因を探る事が重要です。もしかしたら、下着を失くしてしまったり、または濡れている可能性があります。その様なケースは充分考えられるので、焦らず冷静に対処する必要があります。『恥ずかしいから取りあえずパンツをはきましょうね。』など優しく冷静な対処が求められます。

 

性行為を強要されたケースにおいては、ムキならずに一旦冷静になり当面の事態を避けるのは当然の事として、予防策の一環として部屋に鍵をしっかりとかけて寝る事も非常に重要です。この様な認知症患者さんが欲する性的欲求と言うのは、生理的欲求から心理的欲求にシフトする事によって、性行為から満足感を得るのではなくなり、単純に他人との肌の触れあい、そして異性との楽しい会話交流などによって安らぎを得て、問題の解決に向かう事が少なく無い様です。それなので、一人で悩み頭を抱えるのはやめて、専門家にアドバイスを受ける事をお勧めします。

■認知症予防に効果が高いと言われているのが『ココナッツオイル』になります。 ■ココナッツオイルを購入したい方はコチラ♪
■その他の認知症予防に効果があると言われている商品。

アドセンス広告