認知症 徘徊の対処法

認知症 徘徊の対処法

認知症患者は良く街中を徘徊します。徘徊と言うのは一般的に道に迷ってしまったり、あてもなく歩き続ける行為を指します。認知症患者の特徴の一つでもある徘徊は、介護する家族や関係者からしてみると、事故にあうリスクもあるので、毎日続けばストレスも溜まってしまうでしょう。この危険な徘徊ですが、行動には原因がある事も理解しておきましょう。

 

夜になると街中をうろつき出す認知症患者さんがいますが、その人に『なんでこんな夜遅くに出歩いているの?』と尋ねてみると『火事が心配で』や『泥棒がいるのではないかと思って』など何らかの不安を口にする方が少なくありません。パトロールしなくてはと言う意識の方いる一方で、不安で仕方なく歩いているなど、患者さんによって理由は様々で一緒くたには出来ませんが、何かしらその人自身の理由がきちんとある事をしっかりと把握しておきましょう。理由を理解した上で、頭ごなしに怒る様な事は避け、『戸締りはきちんとしたから大丈夫。一緒に帰ろう。』など優しく声をかける様にして、患者さんが抱えているストレスを少しでも除去する様に努めましょう。徘徊行動をさせない為の予防策としては、玄関を出たらブザーが鳴る仕組みを取り入れたり、時間を決めた上で一緒に散歩に行ってあげる様に心掛けると良いですね。

 

患者さんが行きたいと言う場所があれば昼間連れっていてあげたり、一緒に散歩したりしてあげると患者さんは満足するケースが多いです。それでも収集が付かない場合にはおいては、迷子になってしまう事を想定して衣服に氏名と連絡先を仕込んでおき、どこの誰だかはっきり分かる様にしておく事が大事です。

 

徘徊中の事故を避ける為に、近所の鋼板やコンビニなど患者さんが行きそうな施設に目星を付けておき、患者さんの状態を知らせておく事も非常に有効的です。仮にご近所から何かしら患者さんの事で苦情が出てしまった場合には、認知症患者と言う事実をきちんと説明した上で、認知症に対する理解と協力を求める様に努力しましょう。

■認知症予防に効果が高いと言われているのが『ココナッツオイル』になります。 ■ココナッツオイルを購入したい方はコチラ♪
■その他の認知症予防に効果があると言われている商品。

アドセンス広告