認知症 妄想の対処法

認知症 妄想の対処法

『大切にしてた物が盗まれた!』や『何も食べさせてくれない。このままじゃ飢え死にしてしまう』などの似た様なセリフは認知症患者さんから良く聞く事が出来ます。介護している方から言わせれば、『お前がとったんだろ!』と責められれば当然嫌な気分になるでしょうし、『私はとっていない』と言いたくなるでしょう。

 

しかしながら、認知症患者の方に自分の正当性をいくら必死に説明したとしても一切理解してもらえません。理解されないならばまだしも、より怒らせてしまい、怒声を浴びせてくる患者さんも少なくありません。この様な場合にはどうやって対処するのが良いのでしょうか。

 

まず第一に、介護する側が相手のペースに乗せられるのではなく一旦気持ちを落ち着かせ、自分だけでなく患者さんも困っていると言う事実を認識する事が大切です。その理解をした上で、関心をそらすためにお茶に誘ったりするなど工夫をして、それでもまだ固執するのであれば、一緒に探してあげる事が大事です。失くしたと主張している物が元から無い物だと把握している場合や、探す時間を捻出するのが難しい状況の場合には、代替品を与えて納得してもらう事も有効的な方法になります。

 

しかしながら、同じ妄想をずっと繰り返している認知症患者さんが少なくない事も事実としてあります。この様なケースの患者さんは、大抵の場合『自分自身でしまっては忘れてしまう』と言う事が多く見受けられます。この様なケースに対応する為には、患者さんが隠すであろうポイントを絞り事前に把握しておく事が重要です。何時も同じ場所に隠すとは言いきれませんが、繰り返し探してあげれば自ずとポイントを見当する事は可能になってくると思います。この様な決して怒らずに創意工夫をこらし、介護する側に余計なストレスがかかる事を減らしていきましょう。

■認知症予防に効果が高いと言われているのが『ココナッツオイル』になります。 ■ココナッツオイルを購入したい方はコチラ♪
■その他の認知症予防に効果があると言われている商品。

アドセンス広告