認知症 物忘れの対処法

認知症 物忘れの対処法

アルツハイマー型に代表される認知症の症状と言うのは、数日前に自分がした行動をすっかり忘れてしまう様な事からスタートして、しまいにはたった数分前の出来事すら覚えていないと言った具合に徐々に進行して行きます。ここでは幾つかの例を挙げて、その時々の対処法を説明して行くので参考にして下さい。

 

1:さっき昼ご飯を食べたのに食べてないと主張してきたケース
この現象が何故起きるかと言うと、単純に満腹中枢が壊れているか、それとも患者さんが非常に大きなストレスを抱えている為、その肥大したストレスを除去する為に食事と言う方法をとっているかになります。この様なケースにおいては、例えば『今さっき、食べたでしょ?』と叱ってしまうと患者さんのプライドを大いに傷つけてしまいます。患者さん自身は『自分は正しいのに何故?』と訝しげになってしまいます。頭ごなしの否定や説得を試みるのではなくて、『これから、作るから少し待って下さい』や『何時頃食事を始めるよ』などと怒る事無く声をかけて、それから患者さんの注意をそらす為の話題をふるのも効果的です。それでも納得せずに食事固持するケースでは、お腹に良く溜まる飴やおやつなどを少しずつ食べさせて、食べたいと言う患者さんの気持ちを納得させてあげましょう。

 

2:家族の名前や顔を忘れてしまったケース
認知症が進んでいき進行具合が重くなってくると、一緒に生活している家族の名前、そして顔さえも忘れてしまい、良く勘違いをしてしまいます。それから、同じ人に対して、前は娘だと言っていたのに、近所の知らない人だとハチャメチャな事を言い出すケースも少なくありません。この様なケースにおいては、患者さん自身は何ら疑うことなくそうだと強く思い込んでいるので、『何を言っているんだ?違うだろ。』など強い言葉で否定する様な事は絶対にしてはいけません。患者さんの恐怖心や不安を煽る様な事は絶対に厳禁で、周囲の人は怒らないで冷静になり、患者さんを傷つけない優しい言葉をチョイスし、少しでも不安を取り除き安心させてあげる事が重要です。

■認知症予防に効果が高いと言われているのが『ココナッツオイル』になります。 ■ココナッツオイルを購入したい方はコチラ♪
■その他の認知症予防に効果があると言われている商品。

アドセンス広告