若年性認知症とは

若年性認知症とは

認知症と聞くとどうしても年よりになってから発症する病気と思われがちですが、実際には若年性の認知症もあり問題となっています。近年では様々なメディアにおいてクローズアップされる機会も増えた事から、知っている方も増えたと思われます。この若年性認知症がどの様なものかと言うと、普通の認知症と同じ様にアルツハイマー型や脳血管性型など、同様の疾患が挙げられますが、認知症との相違点としてはその進行スピードの差にあります。進行速度が速いのです。また老人の認知症と同様にして、治療が見込めるものもある一方で治らないものもあります。

 

ここで若年性認知症の初期症状を紹介していきます。まずは記憶力と判断力の低下。そして物事を道筋通り追って話す事が難しくなる。眩暈や不眠などの症状が顕著になってくるなどがあります。この時点で必ず注意しなければならない事として『まさか自分が認知症になる訳ない。年をとっただけだ』と決めつけてしまう事です。その様な判断から放置してしまうと、認知症はどんどん進行速度を速めていき、あっという間に日常生活が困難になってしまいます。

 

恥ずかしがらずに認知症チェックをきちんと行い、その結果悪いと判断されたのであれば早い段階で専門医に行き正確な診断を受ける様にしましょう。今現在の治療法としてあるのは、薬物療法や心理カウンセリングを利用した回想法や音楽療法など患者さん個人にマッチした治療法を、医師と家族と相談しながら選んでいきます。若年性認知症にならない為に気を付ける事としては、食生活をきちんと正し、睡眠をしっかりと取り体を休め、なるべくストレスを感じない様に気を付ける事が重要です。確かに何かと忙しい世代である事は否定できませんが、忙しいのだからこそ常日頃から自身の心身のケアが必要となってきます。

 

専門医を訪れ脳ドックを受ければ、アルツハイマー型以外の認知症の原因となる脳腫瘍や脳梗塞など所謂脳疾患の早期発見が期待出来ます。この検査も若年性認知症の早期発見に非常に役立ちます。若年性だろうが老人性だろうが早期発見は症状の進行を遅らせる為の非常に重要なポイントとなります。少しでもおかしいなと思う所があるのであれば、放置しないで病院に足を運び正確な検査を受ける様にしましょう。

■認知症予防に効果が高いと言われているのが『ココナッツオイル』になります。 ■ココナッツオイルを購入したい方はコチラ♪
■その他の認知症予防に効果があると言われている商品。

アドセンス広告