脳を若く保って認知症予防

脳を若く保って認知症予防

認知症にならない様にする為にはまず第一に脳を若く保つ事が重要です。ここでは脳を若く維持して行く為に効果的な方法を幾つか紹介するので、日々の生活の中に取り入れて脳を若く保つ様にしてみてはどうでしょうか。

 

1:脳に知的な刺激を与える。
生涯学習と言う言葉を良く耳にしますが、まさにその通りで『読む・書く・学ぶ』は脳を活性化させる働きがあるので、神経細胞の繋がりを促しより強固なものにしましょう。

 

2:なるべく体を動かす様にする。
運動をすると脳に血液を送る為の血管の数が増えるので、適度な運動は新しい神経細胞の発達を助ける働きがあります。

 

3:食生活に細心の注意をはかる。
無駄にカロリーをとり過ぎない様に気を付けた上で、葉酸・ビタミンB6・B12群をなるべく摂取する様にしましょう。

 

4:血圧管理を徹底する。
特に中高年の方の場合、高血圧と言うのは脳血管性認知症の発症に繋がる可能性が高いので、日頃からのケアが大切になってきます。

 

5:コレステロールの管理をしっかりと行う。
善玉コレステロール(LDH)が低くても、悪玉コレステロール(LDL)が高い場合でも認知症発祥のリスクが高くなってしまいます。なるべく正常値に近づく様に努力する事が大事です。

 

6:禁煙をする。
昔から言われている様に喫煙はまさに『百害あって一利なし』です。喫煙は血管を細めてしまうので、脳へ血が届きにくくなる為、認知症発祥の一つの原因として有名です。

 

7:アルコールは飲み過ぎずに適度な量で。
適度な飲酒と言うのは体に害はなくむしろ食欲増進などの効果もありますが、過度に摂取してしまうと様々な病気の原因となる可能性が高いです。飲み過ぎずに適度な量で抑える様に心掛ける事が重要です。

 

8:頭部の怪我には気を付ける。
頭部を怪我してしまうと、その部分から脳の浸食が始まり、何かしらの認知症が発生する可能性は否めませんので気を付ける必要があります。

 

9:家に引きこもらずに社会的交流を持つ。
人と触れあい話すと言う事は認知症発症率をかなり下げると言うデータが出ています。積極的に社会的交流を持つ事で認知症の発症を防ぎましょう。

■認知症予防に効果が高いと言われているのが『ココナッツオイル』になります。 ■ココナッツオイルを購入したい方はコチラ♪
■その他の認知症予防に効果があると言われている商品。

アドセンス広告