キノコで認知症予防

キノコで認知症予防

過去に様々なメディアで取り上げられたヤマブシタケと言うきのこを食べた事はありますか?正直あまり馴染みのないきのこですが、中国においては四大珍味の一つと言われ、遠い昔から生薬として活躍してきました。胃炎や肝炎に加えて滋養強壮の効果も期待でき、尚且つ認知症の予防に効くと万能的なきのこです。ここではそんな万能薬とも言えるヤマブシタケに含まれている成分そして認知症予防にどの様な効果を発揮するのかを紹介していきます。

 

脳は通常の場合ニューロンと言われている神経細胞が活発に働く事によって、物事の判断や認識が可能になっています。認知症と言う病気はこの脳にあるニューロンが減少する事によって脳が委縮してしまい、その事が引き鉄で発症する病気です。それなので、ニューロンの減少を抑えた上で、尚且つ脳を活性化する事が出来れば認知症予防になりますね。このニューロンを活性化させる為の必要となる物質をNGF(生合成誘導促進物質)と言い、ヤマブシタケにはNGFの働きを活性化させる為に欠かせないヘリセノンとエリナシンと言う物質が豊富に含まれています。

 

きのこは本当に多くの種類がありますが、ヘリセノンとエリナシンの2つが含まれているきのこはヤマブシタケだけとなっています。このNGFと言うのは、人間の海馬などで生成される物質として有名で、脳が成長する上で欠かす事の出来ない重要な成分なのは当然の事として、人間が生きていく上で欠かす事の出来ない非常に重要な物質とも言えます。この非常に重要なNGFの減少を食い止める事によって、認知症の予防が可能と言う訳です。

 

近年においては、技術の進化もありNGFを認知症患者さんの脳に直接注入する事によって、症状の進行を食い止める事が出来たと言う症例もあり、一つの治療方法として使う病院も増えてきた様です。それから、この万能きのこであるヤマブシタケには認知症予防以外にも免疫力増強作用そして過剰に増えてしまった悪影響を与える活性酸素を無毒化する力も持っています。それなので、このヤマブシタケは今現代のストレス社会に生きている若者世代にも健康的に生きる為に有効的なきのこだと考えられています。

■認知症予防に効果が高いと言われているのが『ココナッツオイル』になります。 ■ココナッツオイルを購入したい方はコチラ♪
■その他の認知症予防に効果があると言われている商品。

アドセンス広告