認知症患者の介護体験談

認知症患者の介護体験談

認知症患者が激増してきている今現在日本では、認知症の知識を持っている方や実際に介護をしてきた方達の体験談など、知ろうと思えば幾らでも情報を集める事は可能となっています。書籍やインターネットを活用すれば簡単に情報は集められますし、それだけではなくて同じく認知症患者を抱えている関係者の方達のネットワーク(例えば家族の会など)も多く存在しています。

 

体験談は数多くの種類があり、現在進行形で介護に携わっている方、それから介護をし終えた方々、そして専門の知識を有しているスペシャリストの助言など、多種多様のアプローチから体験談を集める事が可能です。この様な情報源そしてネットワークを上手く活用出来れば、介護する方々の負担や不安を少しでも和らげる事が出来るのではないでしょうか。

 

ここで、実母と姑の二人の介護を行っているとある40代女性の体験談を紹介したいと思います。介護と言うのは一般的に家族全員で協力してやるものだと言われますが、実際問題としては、家族の内の誰か一人が腹を決めて行う必要があり、その人にかなりの重圧がのしかかってきます。『頑張って』と簡単に言われるのも些か辛い事ですが、だからと言って『頑張る必要はないよ』と言われるとどうして良いのか分からなくなりまるで袋小路にはまってしまった感じを受けます。誰かが頑張らなければ母子共に生活するのが難しい状態なのは明白な現実だからです。今現在私が強く感じている事としては、認知症患者が何も全ての事柄を一切理解出来ない訳ではなくて、場合によっては鮮明な部分も意外と多く、そのギャップと言うか兼ね合いが非常に難しいと言う事です。

 

どうでしょうか。実際に介護をしている方の体験談と言うのは言葉の一つ一つに重さを感じるのではないでしょうか。上述した方は、インターネットを活用して認知症患者の介護をしている方々との意見及び情報交換を行い、介護者同士お互いに励まし、そして励まされながら介護を頑張っています。経験者以外から何を言われても説得力に欠け、的外れな事を言われ苛立つ事もあるでしょう。同じ悩みを共有している体験者の話と言うのは非常に有益で励みにもなる大切な事です。市区町村の福祉窓口において同じ境遇の体験者と情報交換が行える場を紹介してくれるので、一度足を運び利用してみるのも良いのではないでしょうか。

■認知症予防に効果が高いと言われているのが『ココナッツオイル』になります。 ■ココナッツオイルを購入したい方はコチラ♪
■その他の認知症予防に効果があると言われている商品。

アドセンス広告