認知症のケアマニュアル

認知症のケアマニュアル

認知症のケアを実施している通所施設において、良く使用され効果が期待出来るケアマニュアルの中から、認知症患者さんの世話をしているご家族や関係者の方達に有益な情報を、認知症患者さんの行動パターンに合わせる形で紹介するので、参考にして下さい。

 

1:記憶力低下のケース
患者さん自身が体験した事をきれいさっぱり忘れてしまいます。今現在から過去に向かって記憶が無くなっていくのが特徴的で、症状が進行すればするだけ昔の世界に浸ってしまいます。それなので、昔に遊んでいた『じゃんけん』『結んで開いて』『げんこつ山の狸さん』などを一緒にやってあげると非常に効果的で喜ばれる可能性が高いです。

 

2:認知症の症状が頻繁に出る相手
患者さんにとって一番身近に感じる方(一番一緒に過ごす時間が多い方)に対して、症状が頻繁に出てしまいます。

 

3:自己有利性
患者さん自身が不利になる事は絶対に認める事はありません。この時の反応と言うのは認知症患者だと言うのを忘れてしまう程、素早い反応をします。例を挙げると、患者さんが例えば失禁をした際に『○○さん(患者さんの名前)がやったんでしょ!』と問い詰めると、必ず否定して自分以外の第三者のせいにしようとします。場合によっては即答してきます。自分の失敗は断固として認めようとしません。

 

4:まだら痴呆のケース
まだら痴呆は初期〜末期まで関係なく見られるもので、正常な部分と病気に侵されてしまった部分が混同している状態です。それなので、今現在は問題ないとしても数時間後に正常でいられるかどうかは分からないです。

 

5:感情は忘れずに残る
認知症患者は行動に関しては直ぐに忘れてしまいますが、一度もってしまった感情は根深く残ってしまいます。

 

6:ひとつの事にずっと拘ってしまう。
ここで一番重要となってくる事は、説得を試みたり否定するのは意味が無くむしろ逆効果になってしまう事です。1つの拘りに対して長時間は続かないと腹を決めて、認めてあげる事から始めて、場合によっては興味を他にそらす工夫も必要です。それから、患者さんが拘る項目と言うのは実はある程度決まっているので、その事柄に対して先手を打ち対処しておく事も非常に有効的です。例を挙げると、患者さんが『○がない。どこに行った?』と探している場合には、予め別の○を用意しておき介護者だけが分かる場所に隠す様にしておきます。そして、探している患者さんに『みつけたよ』と言って、○を渡して挙げると患者さんは安心しておとなしくなります。

■認知症予防に効果が高いと言われているのが『ココナッツオイル』になります。 ■ココナッツオイルを購入したい方はコチラ♪
■その他の認知症予防に効果があると言われている商品。

アドセンス広告