認知症患者との接し方

認知症患者との接し方

認知症に侵されてしまった方の行動がおかしくなるのは避けられない事ですが、その行動を目のあたりにする事で家族など周囲の方々も大きな戸惑いや不安に苛まれる事でしょう。その様な不安を少しでも和らげる為に、ここでは認知症患者の大まかな行動パターンを2つに大別して、それぞれの対処法を説明するので参考にして下さい。

 

認知症患者さんの行動で特徴的なものとして、事実の取り違いがあります。家族の名前を間違えたり、食事をしたのに食べてないと言い出す、この様な事を言い出した場合の原則対処の仕方としては、叱らない事が重要で要になります。患者さんが訴える事柄が例え違っていてもはっきりと否定してしまうのは駄目で、肯定的に答えてあげる必要があります。それから、話題を変える事によって患者さんの関心を違う方向に持っていく工夫をするなども非常に重要な事です。

 

次に挙げられる行動パターンとしては失敗行動が挙げられます。街中を徘徊したり、失禁または不潔な行動をしてしまった際に、叱ってしまっては問題の解決になりません。何故その様な行動をしてしまったのかをきちんと分析した上で原因を突き止め、これから同じ失敗をしない様に環境を整える事が非常に重要です。例を挙げると、認知症患者さんが良く行う行動の一つに、何かしら物をよくしまい込んでしまう事があります。しまい込む物も一つではなくて多種多様で、酷い時には生ものをしまい込んでしまう場合もあります。それに気付かないまま時が経過してしまうと、当然の事ながら生ものが腐り、不衛生な状態に陥る可能性が高いです。しかし、その様な場合でも決して叱るのではなくて、気付いた方が気付かれない様に片付け、同じ事が繰り返されない様に、生ものを患者さんの周囲に置かない様にするなど対応策をしっかりとする事が重要です。

 

大切な事は患者さんに悪意がないと言う事を理解する事です。何も忘れたくて忘れている訳ではなくて、その様な行動をとった事すら忘れてしまっている事を周囲の方が分かってあげる事が大切です。全ては病気がなす仕方がない事と認識した上で、周囲の方々はおおらかな気持ちで患者さんに接し受け入れる心を持つ様にしましょう。

■認知症予防に効果が高いと言われているのが『ココナッツオイル』になります。 ■ココナッツオイルを購入したい方はコチラ♪
■その他の認知症予防に効果があると言われている商品。

アドセンス広告