家族が認知症と診断されたら

家族が認知症と診断されたら

ご家族の誰かが、物忘れが酷くなり急に攻撃的な性格になったりしてはいませんか?または無気力になってしまい何もしなくなってしまったなどはありませんか?その様な認知症の疑いが見て取れる場合には、話を充分に聞いた上で、市区町村が実施している介護予防検診を受ける事をお勧めします。そこでより疑いが強固なものになった場合には病院に足を運び専門医の診断を受け、原因究明及び正確な診断結果を待ちましょう。診断結果を聞く際には、患者さんを一人にするのではなくて家族及び関係者全員で聞く様にする事が大事です。患者本人が理解しておけば済む問題ではなくて、家族や関係者が状況を把握しておく事が非常に重要になってくるからになります。

 

病院で正確な診断を受けた後は、次に介護保険の申請をする必要があります。これは診断した医者の意見書と調査員が家庭を訪れた結果によって介護等級が決定されます。その結果仮に要支援1・2と認定を受けたケースでは、予防の為に必要となる給付金を受け取る事が可能で、専門家である保険士と一緒にこれからの介護予防プランの作成に入ります。非該当と認定を受けたケースでは、その後基本健康診査受ける事になり、要支援・要介護になる可能性がありと判断される様な場合には、要支援1・2と同様に今後の介護プランの作成に入り、介護予防サービスを受ける事も可能になります。

 

診断や調査の結果要介護1?5と認定されたケースでは、施設サービス及び住宅サービスを受ける事が可能になります。施設サービスがどの様なものかと言うと、認知症と判断された患者さんを施設に預ける事で、施設への申し込みが必ず必要です。一方在宅サービスと言うのは、家族が離れる事無く一緒に生活をしながら、認知症の症状緩和や家族が抱える不安やストレスの軽減を図る為に外部の施設を活用する事になります。患者自身または家族の方とケアマネージャーでケアプランの作成を行い、サービス業者と契約するシステムとなっています。

 

在宅にしろ施設にしろ等級によって、公的補助の金額はどうしても変わってきてしまう為、利用するサービスのタイプによって家族の負担額も異なってくる事を理解しておきましょう。まずは市区町村の福祉窓口に足を運び相談する事から始めるのが重要です。

■認知症予防に効果が高いと言われているのが『ココナッツオイル』になります。 ■ココナッツオイルを購入したい方はコチラ♪
■その他の認知症予防に効果があると言われている商品。

アドセンス広告