治る認知症

治る認知症

一般的に認知症と聞くと大抵の方がアルツハイマー型を想像すると思われますが、何もアルツハイマー型だけがある訳ではなくて、幾つかの違うタイプのものがあり、その中には回復が可能なものも含まれています。それでは回復が見込めるケースの認知症とはどの様なものがあるのでしょうか。回復が充分見込める認知症を挙げると、正常圧水頭症・慢性硬膜下血腫・脳腫瘍・脳梗塞があり治療によって治る見込みがあります。では、ここで最初の2つ正常圧水頭症と慢性硬膜下血腫と認知症の関係を説明して行きます。

 

○正常圧水頭症のケース

 

脳に何らかの先天性形成異常や炎症、そして外傷や腫瘍及びくも膜のう胞などの影響によって、脳内の髄液が溜まり過ぎる病気で原因は今の所解明されていません。この病気にかかると3つ症状(歩行障害・物忘れ・尿失禁)が顕著になり、どの症状も認知症と重複しているので、それなりにお年を召している方の場合に、病気を間違えて捉えてしまうケースが少なくありません。しっかりとした病院で正常圧水頭症と診断されたのであれば、改善方法としてシャント術と呼ばれるバイパス手術を受けて、脳に溜まり過ぎてしまった髄液の流れをスムーズにする事で、認知症などの症状の改善を図ります。

 

○慢性硬膜下血腫のケース

 

これは硬膜の内側に徐々に血が溜まっていってしまう病気になり、原因として考えられるのが頭部の打撲や肝機能障害または人工透析によって血液が固まりにくくなっている場合のものに分類されます。この病気の症状がどの様なものかと言うと、頭痛や手の痺れに始まり、歩行障害や思考力の低下が続き、状況が理解出来ない見当識や、物忘れも酷くなっていきます。慢性硬膜下血腫による認知症と言う診断結果が出たのであれば、血栓を除去する手術をしっかりと受ければ症状は改善に向かいます。

 

どちら病気も認知症と類似点が多く混同しやすいのですが、しっかりとした病院で診察及び検査を受ければ明確になる病気となっています。それなので、認知症なのではないかと少しでも疑問を持ったのであれば、何よりも病院に足を運び、何が原因となっているのかを明白にしましょう。原因によっては充分回復が見込めるケースがあるので蔑にしない様に気を付ける事が重要です。

■認知症予防に効果が高いと言われているのが『ココナッツオイル』になります。 ■ココナッツオイルを購入したい方はコチラ♪
■その他の認知症予防に効果があると言われている商品。

アドセンス広告