認知症と間違いやすい病気

認知症と間違いやすい病気

認知症と物忘れの違いがどの様なものか判断つかずに迷っている方も少なくないと思われますので、両者の違いについて説明するので参考にしてみて下さい。まず『物忘れ』と言うのは体験した事の一部分だけを忘れてしまう事を指し、何かしらのきかっけがあれば思いだす事も多いです。しかしながら、これに対して『認知症』の場合においては、体験した事実そのものを忘れてしまうので物忘れとは大きく異なります。

 

例を挙げて説明すると、昨日の食べた夕食のメニューが忘れてしまうなどのケースは物忘れに分類されます。仮に認知症にかかっているとするならば、昨日の夕食のメニューを忘れると言う事ではなくて、夕食を食べた事実そのものを覚えていません。それから認知症の場合には、何らかの精神的障害が伴うケースが多いのでこの点も大きな相違点の一つになります。

 

また認知症と言うのは、他の病気と間違いやすいもので、例えばせん妄・うつ病・妄想・幻覚などと混同してしまう可能性があります。せん妄がどの様なものかと言うと、軽い意識障害と精神的興奮が重なった状態の事を指し、記憶力障害が出てしまう事が多いので認知症と勘違いしてしまうケースがあります。せん妄と認知症の大きな相違点としては、症状が徐々に進行していくのが認知症なのに対して、せん妄は徐々にではなくて時間的に変化していく点になります。例を挙げると、今現在何ら問題なかったのに数分後には訳の分からない事を叫んだり言う様になるのがせん妄です。

 

それから、言い知れぬ不安感や焦燥感が非常に強い事と妄想をしやすいのがうつ病・妄想・幻覚になります。一つの症状が長引く事も特徴的です。症状そのものが認知症と似ているので混同しやすいのですが、異なるポイントとしては一つの症状が長引く点が挙げられます。認知症ではなくてこれらの病気のケースでは、薬物を用いた治療で回復が見込めます。薬の処方をしっかりと受けた上で、精神的なストレスをなるべく受けない様にして、穏やかに過ごせば改善されていきます。どの様な症状にしても素人では正確な判断は難しいので、気になる方は病院に足を運び専門家に判断して貰った方が安心出来るでしょう。

■認知症予防に効果が高いと言われているのが『ココナッツオイル』になります。 ■ココナッツオイルを購入したい方はコチラ♪
■その他の認知症予防に効果があると言われている商品。

アドセンス広告