認知症の治療法

認知症の治療法

大別すると認知症の治療方法として、薬物療法と非薬物療法があるのをご存じでしょうか。薬物療法がどの様な症状に有効かと言うと、鬱や不眠などに代表される精神的な症状や感情のコントロールが効かず暴力的になってしまうケースなどです。しかしながら、記憶障害や行動障害など認知症の症状に関しては実際問題として根本的な治療方法は確立されている訳ではなくて、患者さん自身の精神的ダメージを少しでも緩和していくのが重要となっています。

 

軽度?中度のアルツハイマー型認知症の場合においては、認知症患者の脳内のアセチルコリンと言う物質の軽減を抑える事が重要で、進行を遅らせる為にアリセプトと言う薬が使用され効果を上げています。しかしながら、人それぞれ効果が一定ではなくて異なってくる為、充分に期待出来る物とは言い難いでしょう。アルツハイマー型の次に多い脳血管性痴呆の場合には、脳血管障害の再発を予防する目的で薬が処方され、これは血圧コントロールに始まり血栓を防ぐ力も持っています。

 

薬を使わずに行う非薬物療法がどの様なものかと言うと、まず第一に痴呆によって受ける患者さんのストレスの軽減、活動制限の緩和、脳の神経細胞の刺激を促して行くと言った方法となっています。代表的なものとしては、音楽療法・絵画療法・作業療法・回想法・現実見当識訓練などの方法があり効果を上げています。

 

最初の三つの療法と言うのは、視覚・聴覚・手指を駆使しながら、患者さん自身が楽しめる事を前提に脳の活性化を目指していきます。4つ目の回想法がどの様なものかと言うと、これは患者さん自身が過去に使用してきた物を使用して、患者さんが歩んできた人生の回想を図り、脳自体の活性化及び情緒の安定を試みます。最近の出来事は忘れてしまっても、昔の出来事を頭に留めている認知症患者は少なくなく、この方法は認知症予防に一定の効果があると言われています。最後に5つ目の現実見当識訓練がどの様なものかと言うと、まず時間や場所の認識を目指し、周囲の状況をきちんと理解出来ると言う事実をしっかりと認識させる事で、患者さん自身の自尊心や縛られている規制を緩和させる療法となっています。5つ以外にもペットを利用したペットセラピーやバリデ―ジョンなどの治療方法があるので、患者さん個々に合わせた最善の療法を見つける事が重要ですね。

■認知症予防に効果が高いと言われているのが『ココナッツオイル』になります。 ■ココナッツオイルを購入したい方はコチラ♪
■その他の認知症予防に効果があると言われている商品。

アドセンス広告