認知症チェック

認知症チェック

認知症患者の脳と言うのは、脳の細胞が破壊されて脳自身も萎縮していますが、仮に早期発見が出来たのであれば、認知症の症状を抑える事が出来る可能性があります。『最近物忘れが酷く困っている』『中々言葉が出てこない時がある』『どこにしまったのか良く分からない』などを日々の生活の中で感じる事が増えてきたのであれば、認知症かどうかのチェックを自分でしてみる事が予防策として大切です。認知症にかかっているかどうかの簡単なチェック項目を下に載せるので、気になる方はチェックしてみましょう。当てはまるものにチェックしましょう。

 

  • 自分一人で電話番号を調べる事が出来て、尚且つ電話をかける事がきちんと出来る。
  • 何かしらの行事や企画などにおいてリーダーとして振る舞う事が出来る。
  • 自分一人で電車やタクシーに乗る事が可能な上で、免許のある方は車を安全に運転する事が出来る。
  • 団体などにおいて世話役や会計役をこなす事が出来る。
  • 薬を飲まなければならない時間や飲む量を把握してきちんと飲める。
  • 買い物をする事が滞りなく出来る。
  • 貯金を引き出したり、公共料金や家賃の支払いなどが問題なく行う事が出来て、家計をしっかり管理出来る。
  • 支払いを問題なく行える。
  • 自分一人の力で貯金の出し入れが可能。
  • 自分一人で年金や税金の申告書を作成する事が出来る。
  • 食事の準備を自分で行う事が出来る。
  • 掃除を自分一人で行う事が出来る。
  • 片付けを一人できちんと行える。
  • 手紙や文書など文字を書く事が充分出来る。

 

どうでしょう。チェックした結果○は幾つありましたか。このチェックにおいては、65?69歳までの場合に11個以下、70?74歳までの場合には7個以下、85歳以上の場合においては6個以下だと、認知症の疑いがあるとみられています。仮に認知症の疑いがあるとチェックの結果出たのであれば、出来る限り早めに病院に行き、医者の正確な診断を受ける事をお勧めします。病院で診察を受ければ、脳のCTスキャンを撮るなど最新のきちんとした診断が受けられるので、疑いのある方は病院に行きましょう。

■認知症予防に効果が高いと言われているのが『ココナッツオイル』になります。 ■ココナッツオイルを購入したい方はコチラ♪
■その他の認知症予防に効果があると言われている商品。

アドセンス広告