脳血管性認知症の知識

脳血管性認知症の知識

認知症と言うとアルツハイマー型が一番多く有名ですが、それに次いで多いのが脳血管性認知症となっています。この病気がどの様なものかと言うと、脳にある血管が破れてしまったり何らかの理由によってつまってしまった事が原因で脳神経に障害が起こってしまい、認知症の症状が出てきてしまう事です。脳血性認知症は症状がアルツハイマー型と良く似ていますが、前頭葉から前頂葉へと段階的に進行していくアルツハイマー型とは異なり、脳のどの部分を侵されたのかによって症状は変わってきます。その様な理由から、脳血管性認知症の場合には判断力や理解力そしてその人自身の人格と言った所はあまり侵されずに済むケースがあります。

 

以上の様なケースの事を『まだら痴呆』と呼び、脳全てが侵されている訳ではなくて正常な部分も確かに残っている状態となっています。しかしながら、例えまだら痴呆だとしても、精神症状や行動異常に及ぶケースはあり得る事となっています。体の自由が効かなくなる麻痺に始まり歩行障害が出てしまったり、物を飲みこめないと言った嚥下障害、それから言葉を発する事が出来ない発語障害、そして冷たさや暑いと言った感覚が分からなくなってしまう感覚障害に陥るケースが考えられて、これらが進行していくと場合によっては寝たきりになってしまう事もあります。

 

それから、感情が冷静に保てずに起伏が激しくなり、突然泣き出したり怒りに身を任せる事も特徴の一つとしてあります。この様な症状を緩和させる為の治療法としては、精神状態を落ち着かせる為の薬を処方したり、患者自身にかかる負担を少しでも和らげる程度の事しかなく、実際問題として痴呆を軽くする為の根本的な治療方法は確立されていません。それなので、病気になってしまってからではなくて、なる前からの予防が重要となってきます。

 

脳疾患になってしまう原因として考えられているのが、高血圧と糖尿病そして高脂血症などがあり充分な注意が必要です。この様な病気になってしまわない様に普段から食生活などで気をつけていく事が何よりも重要となってきます。食生活や日々の生活に充分気を付けた上で、何かしら不安になる要素があるのであれば、気付いた時点で病院に診察を受けに行き、後のリスクを少しでも軽減させる努力をしましょう。

■認知症予防に効果が高いと言われているのが『ココナッツオイル』になります。 ■ココナッツオイルを購入したい方はコチラ♪
■その他の認知症予防に効果があると言われている商品。

アドセンス広告