アルツハイマー型認知症の知識

アルツハイマー型認知症の知識

認知症と認められている方の大抵の場合がアルツハイマー型認知症となっています。一昔前の10年前では患者数は126万人程度でしたが、2006年度には患者数は200万人にまで到達し、尚も年々10万人単位で増加しているのが認知症の現状と言えます。アルツハイマー型認知症がどの様なものかと言うと、まず初めに耳のやや上に存在している前頭葉が侵される事から始まり、段々上の方つまりは前頂葉に広がっていく病気となっています。アルツハイマー型認知症になってしまうと前頭葉の働きが鈍くなり始め、次第に前頂葉の動きも鈍くなり能力が低下してしまいます。

 

前頭葉がどの様な役割を担っているかと言うと、会話や記憶と言った部分に直結しているので、物忘れや会話の辻褄が合わないなど何かしらの障害が起こってしまう場合には、認知症の症状が出ていると疑った方が良いでしょう。例を挙げると、非常に簡単な行動である電話番語を調べて頭に留めて、電話をその番号にかけると言った作業が不可能になったり、電話をかけた数日後には電話をかけたという事実さえすっかりと忘れてしまう事です。つまり、自分が行った行動を全部記憶に留める事が出来ずに忘れてしまうと言う事になります。

 

記憶が出来なくなる現象は、まず初めに直近の記憶からスタートして行きます。昔の記憶は確かに残っているのに関わらず、最近の出来ごとに関しては記憶を留める事が出来ない。この様な現象はアルツハイマー型認知症の初期特徴と言えるでしょう。前頭葉が侵され、その後前頂葉へと進行していく事になる訳ですが、前頂葉がどの様な役割を担っているのかと言うと、判断力に代表される位置関係の把握やものの順序などの働きを受け持っている部分になり、例えばどこに何が置いてあるかを理解出来ない、それから簡単な道に迷ってしまうなどの症状が出てきます。

 

前頂葉にまで病気が進行した場合の一例を挙げると、仮に今交差点にいて信号が赤だとします。信号が赤と言う事実は確かに理解する事は出来るのですが、赤ならばどうすれば良いのかと言った事で判断を下す事が不可能になってしまいます。それから、日常で愛用している使いなれた物のはずなのに使用方法が分からなくなってしまうなどの症状が顕著になってきます。それと、具体性を出す事が出来ずに『あれ』などの指示語を多用する様になり、周囲の方からの理解を得られなくなってしまいます。この症状がさらに進行してしまったケースにおいては、人の話している事を理解するスピードが明らかに低下してしまい、会話と言うものが理解出来なくなってしまいます。

■認知症予防に効果が高いと言われているのが『ココナッツオイル』になります。 ■ココナッツオイルを購入したい方はコチラ♪
■その他の認知症予防に効果があると言われている商品。

アドセンス広告