そもそも認知症とはについて紹介

認知症とは

簡単に説明しますと認知症と言うのは脳の病気になります。加齢によって物忘れが進んでしまった様なものではない事を理解しておきましょう。良く勘違いされる認知症と加齢による物忘れの違いとしては、認知症の場合には自分が過去体験してきた事全てを忘れてしまいますが、物忘れの場合にはそうではなくてその一部だけを忘れると言う事になります。それから、自分が良く物忘れをしてしまう事をきちんと把握しているか、そして幻覚や被害妄想が酷くなっているかどうかも大きな違いのポイントの一つで重要になってきます。

 

認知症の原因と言うのは非常に様々で多岐に渡っていますが、そんな中アルツハイマー型認知症は一番多くメジャーな存在と言えます。アルツハイマー型認知症と言うのは年齢で区別する事が出来て、65歳未満で発症してしまったケースをアルツハイマー病と言い、65歳以上になってから発症したものをアルツハイマー型認知症と呼び区別しています。アルツハイマー型認知症は原因が判明されておらず、物忘れから症状が始まっていき、徐々に症状が進行していくのが特徴的で、脳内で何かしら劇的な変化が起こった事によって、その結果神経細胞が減少する自体に陥り、脳が縮小していく病気となっています。

 

アルツハイマー型認知症の次に多い症状としては脳血管型認知症が挙げらます。これがどの様な症状かと言うと、脳内に数多にある血管が破損したり詰まってしまった事によって、その患部の脳の動きが低下してしまう症状です。脳血管型認知症になってしまったケースでは、脳のどの部分の能力がきちんと働かなくなってしまったかによって症状が異なってくるので注意が必要です。

 

アルツハイマー型認知症と脳血管型認知症が代表的な病気ですが、それ以外にも沢山の病気(レビー小型認知症・脳腫瘍・前頭側頭型認知症・脳炎・薬物中毒etc)があるので気を付けなければなりません。認知症と言うのはどの様なタイプのものだとしても進行性があるのが特徴的ですが、早期発見によって脳のトレーニングや薬の力を使るなどきちんとした治療を受ける事が出来れば、進行を遅らせる事が可能な場合がある事を頭に入れておきましょう。それから、例えば慢性硬膜下腫や水頭症など手術で治療が可能となっているケースもあります。自分が認知症なのではないかと少しでも疑問に思うのであれば、早ければ早い程治療は良いので専門医に話を聞きにいく事をお勧めします。

■認知症予防に効果が高いと言われているのが『ココナッツオイル』になります。 ■ココナッツオイルを購入したい方はコチラ♪
■その他の認知症予防に効果があると言われている商品。

アドセンス広告